MENU
いまのあん
左手で石橋を叩きながら、右手で新しいドアをあけてしまう。
そんな特性を活かし緩急を楽しむ方法あれこれ。
会社員生活を2022年終了しフリーランスの道模索中
2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
目次

【購入品】やっぱり洗濯機で洗えるマシーンウォッシャブルニットが欲しい

当ページのリンクには広告が含まれています。

毛玉だらけのニットを脱いで、春に向けてニットの買い替えをしました。

2ヶ月前、無印良品のハイネック洗えるセーターを購入

首がちくちくしないコンパクトニット

f:id:ann360days:20220220170549j:image

年末迄に大規模な断捨離を終えてクローゼットの見直しをした後久しぶりにニットを購入していました。

薄手で暖かく、着回しがきく

使用して2ヶ月。茶色と黒を購入したのですが、ネットに入れるのをわすれてしまい茶色は一回の洗濯で生地が破れてしまいました。そして今年に入ってからほぼ在宅勤務、黒をヘビロテしていました。

f:id:ann360days:20220220170601j:image

毛玉がとにかくすごい

f:id:ann360days:20220220170530j:image

使いやすいのはいいですが、洗うたびに増えていく毛玉…。毛玉取りもよしやるぞ!と意気込んでいる時はいいのですが、毎日やるのはちょっと億劫。

と言い訳にして一度も毛玉取りをせずに過ごしたところこんなことに。

これはさすがにマズイ。

洗えるニットの買い替え

f:id:ann360days:20220220181032j:image

買い替えの条件を考える

黒ニットの買い替え、以下の条件で探しました。

・プチハイネック

・コンパクトで薄手

・身体に密着しすぎない

・自宅で洗濯できる

・買い替えしやすい価格 

マシーンウォッシャブルとは?

簡単に言えば「洗濯機で洗える」こと。

ニットに「ウォッシャブル」とついていても大抵は「洗濯桶でおしゃれ着洗剤で優しく手洗い」が前提ですよね。しかしこちらは洗濯機で洗えるよ、ただしネットに入れて乾燥機はかけないでね。という意味。

子育て世代にはやっぱりウォッシャブルがありがたい

食べ物がついたままの子供の手が触れたり、帰宅して猛ダッシュでエプロンもつけずにキッチンにたつことも多く気づいたら汚れていることが…。

コロナ禍ということもありもっとじゃぶじゃぶ気軽に洗濯したい!と言うことで少しずつクローゼット「マシーンウォッシャブル化計画」進行中です。

アーバンリサーチのマシーンウォッシャブルニット

ランダムリブコンパクトセーター

先日ショッピングモールでふらっと入ったSENSE OF PLACE アーバンリサーチでリーズナブルなニットを発見。

第一印象は大きすぎず使いやすそう。でも、リブニットか…やめておこう。

そう、何を隠そうリブニットのあのシルエットをひろう感じが苦手なのです。しかしコンパクトで使いやすそうなので試着だけしてみることに。

試着したら最初にあげた希望を満たしていたので色違いで購入しました。

f:id:ann360days:20220220170318j:image

仕様

サイズ

ワンサイズ

価格

2900円(税込3190円)

カラー

黒、白、イエロー、ミント

生地

レーヨン 66%

ポリエステル 34%

商品番号

AA24-22A004

試着した感想

苦手なリブニットだが試着してみるとピタっとした感じがあまりなく、気になるお腹周りや首周りもキツくない。

f:id:ann360days:20220220170401j:image

袖や身頃のリブの細さが違うのがポイント

商品名に「ランダムリブ」と入っているように胸元にわずかな切り替えがあるのもシンプルなリブニットと違って工夫されてます。

薄手のサラッとした生地で使いやすそう

f:id:ann360days:20220220170334j:image

2色購入。オフィスのジャケットの下にきたり、週末はワンピースの下などやベストの下に重ね着もできそう。

断捨離セットも忘れずに

マシーンウォッシャブルのカーディガンも併せて購入したので、帰宅して同じ点数だけ断捨離しました。

クローゼットを見て秋、冬に一度も着なかった服、カラーやシルエットは気に入っているけど首元のヨレがいつも気になって手に取らなくなった服等、計3点を断捨離しました。

どれもフリマや古着屋で購入したものでもあり、誰かに譲るほど状態も良くなかったもの。

同じニット生地といっても春に来ても負担のないようなさらっとした素材なので、これからたくさん着るのが楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

左手で石橋を叩きながら、右手で新しいドアをあけてしまう。
そんな特性を活かし緩急を楽しむ方法あれこれ。
会社員生活を2022年終了しフリーランスの道模索中

コメント

コメントする

目次